Zero in Hawaii

Monday, November 20, 2006

Katsu comes back to Hawaii./中ハシ,再びハワイにやってきました



中ハシが18日に戻ってきました。日本で,別のゼロプジェクトの焼却を行っていたのです。
さっそく、エンジン部分が完成致しました。内側から,ダクトテープで留めてくれたのは、ウラタニご夫妻です。実はギャラリーは空調が停まっていて、中は狭くてとても暑く、大変な作業でした。ご苦労さまでした。
今日から,機体を空中に浮かす作業に入ります。機体を床からほんの少し浮かせたいのです。このインスタレーションをする場合は、フレームをどうしても入れなくてはならない部分もあり、相当技術が要ります。
ともかく、これから,正念場をむかえます。

I have returned from Japan on 18th after finishing the burning of Ohka Zero project in Japan.
As soon as I came back, we finished the engine part. Mr. and Mrs. Uratani taped the part together from the inside. The air conditioner was out of order today so the gallery was really hot. Hence the inside of the engine part was very tight and stuffy. It was even hotter than the outside and it was a hard operation. Thank you Mr. and Mrs. Uratani.
Starting from today, we will be lifting the entire body of the Zero. I would like to lift it a little from the floor. This will require a lot of technique, since there needs to be a frame in the airplane. This is a very hard part of the project.

Katsu

1 Comments:

At 8:02 PM, Blogger kiabuno said...

中ハシさん、ハワイにお帰りなさい。そして行ってらっしゃいませ!。
エンジン部だけですがスケール感すごいですね!!
しっかりフレームが入っているのでしょうか?今までのZEROとは念の入れ方が違うのでしょうか・・!?完成が楽しみです!
制作の正念場、日本から応援しています。

 

Post a Comment

<< Home